行政書士とは

行政書士とは

行政書士は法律専門国家資格の中でも幅広い業務範囲を持ち、国民に密着した法務サービスを提供します。

行政書士とは行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成、行政不服申立て手続きの代理等の職務を行います。

行政書士が官公署に提出する書類を正確・迅速に作るということにより、国民においてその生活上の諸権利・諸利益が守られ、また行政においても提出された書類が正確・明瞭に記載されていることにより、効率的な処理が確保されるという公共的利益があることから、行政書士制度の必要性は極めて高いと言われています。

私達は隣接法律専門職といわれる他の士業と比べてもその業務範囲は広く手続きの種類は1万種類もあると言われており、また近年では「予防法務」として事前にトラブルを防ぐために法人や個人にコンサルティングをしたり、ビジネスコンサルタントして法人の資金調達や会計記帳から財務諸表作成まで関与したり、中小企業の法務的アドバイスを行ったりする業務も行っています。

PAGE TOP